新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。「東大寺 俊乗堂、大湯屋特別公開」

こんにちは。ホテルサンルート奈良フロント、奈良まほろばソムリエの小出です。

7月1日から7月31日まで東大寺では「俊乗堂」と「大湯屋」の特別公開をしています。通常「俊乗堂」は7月5日と12月16日の年二回しか一般公開されておらず、「大湯屋」は初めてのことだそうです。こんなチャンスめったにない!とばかりに行ってきました。

俊乗堂は「南都焼き討ち」後、61歳の高齢にして、東大寺復興の大勧進となった重源を祀ったお堂で、江戸時代に大勧進として東大寺復興に奔走した公慶上人がその遺徳を讃えて建てたものです。鎌倉期の肖像彫刻の傑作といわれる重源上人坐像(国宝)、快慶作の阿弥陀如来立像(重文)、平安末期の愛染明王坐像(重文)が安置されています。

重源上人坐像はまさに最晩年のお姿の重源上人がそこにいらっしゃるかのようなリアルさ、存在感があり、阿弥陀如来立像はため息が出るような美しい佇まいで、愛染明王坐像は漆黒にも見えるお姿と憤怒の表情に迫力があり、それぞれに見ごたえのある仏像でした。堂内にいらっしゃる東大寺の法被を着たガイドの方も親切で楽しく説明をしてくださるので、ついつい長居してしまいました。

さて、俊乗堂のある「鐘楼の丘」から北側の階段を下るとすぐ「大湯屋」です。建物も中の鉄湯船も重要文化財に指定されています。重源の命で再建され、復興工事に携わった人々がここで英気を養ったと考えられています。

正面(西妻)が入母屋造り。背面(東妻)が切妻造りになっています。内部は三つに区切られていて、前面を前室、中央を浴室とし、その後壁に接して江戸時代の風呂屋形が造られています。一番奥は土間で釜場になっています。

中央に置かれた鉄湯船。何やら文字がうっすらと・・・。写真では見えませんね。

鉄湯船の説明。

鉄湯船に刻まれた銘文。

東側の釜場。上の方に煙だしがあるのがわかります。ここで湯を沸かして湯船に移していたんですね。

さあ、そろそろ帰ろうかなと思っていると、一人のお坊様が入って来られました。俊乗堂でもお見かけしたので、お寺の特別公開でお坊様を見るのも珍しいような気がしていると、この方なんと、新薬師寺のご住職さんとの事!ご自身も御子息様も練行衆として参籠された経験がおありなんだとか。普段知る事のできないお話を聞かせて頂く事ができました。ご縁ってすごいですね。この日一番のインパクト、面白い出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top