新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。法隆寺追儺式。

DSC_0034
こんにちは。ホテルサンルート奈良フロント、奈良まほろばソムリエの小出です。

2月3日は節分で、豆まきをしたり恵方巻きを食べたりという方も多かったのではないでしょうか。奈良でも数多くの節分行事がそれぞれの神社やお寺でおこなわれました。

今回は法隆寺の追儺式の様子をご紹介します。

 

法隆寺の追儺式は西円堂の基壇上で、黒鬼、青鬼、赤鬼がそれぞれ所作を行ない、毘沙門天がそれを追い払う。これを3周おこなう。というもので、鬼追い式としてはまあ、よくある形式のものです。しかし、決定的に違うのは、「松明を投げる」ことです。「どこに?」「集まった観衆に向けて」です!

西円堂の広場は西側はややスペースがあるものの、南側は階段、東側は狭くて、大勢が入ると逃げる場所がありません。

しかも近年になって安全対策としてフェンスが設けられたというのですから、無かった時期はどんな様子だったのか、想像するとドキドキ(ワクワク)します。

19時近くになると鐘と太鼓が打ち鳴らされ、最初はゆっくり、だんだんと速くなっていきます。これを7回半やったのちに鬼が登場します。随分じらします。

ようやく鬼が登場し、所作の後、松明を投げるのですが、フェンスがあるといっても、距離が近いので、鬼が勢いよく投げたりするとフェンスに直撃!

火の粉は舞い飛び、大歓声があがり、子どもはギャン泣き!かなりの迫力がありました。

奈良の節分行事、数あれど、スリリングな体験をされたいなら、法隆寺の追儺式、オススメですよ。

DSC_0012
フェンスに囲まれた法隆寺西円堂。ちゃんと金網が張られています。

DSC_0022
法螺貝を吹きながら僧侶の方々が入堂し、法要が執り行なわれます。

DSC_0030
鐘と太鼓が終る頃、先に松明が用意されます。これをぶん投げるわけです。

DSC_0039
所作の後、鬼に松明が渡され、観衆に向けて投げられます。鬼たちは本気です!

DSC_0044
この日のMVP、赤鬼!投げるのが豪快で、一番人気でした。なんと、そのうち一回は柵越え!会場は騒然となりました!

DSC_0051 - コピー
ちょっと暗いですが、左にいるのが毘沙門天。槍で突く所作をして鬼たちを追い払います。

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top