新着情報

春日大社式年造替 正遷宮初参り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA春日大社では11月6日(日)に本殿遷座祭が執り行なわれ、大神様が御本殿にお還りになりました。11日(金)、12日(土)、13日(日)とはじめての週末をむかえ、春日大社や周辺では様々な奉祝行事や芸能奉納がおこなわれます。

この三日間は普段、中門前での特別参拝は500円のところを午後1時から無料にて参拝できるようになります。

さらに奉祝万燈籠として午後8時半まで境内3000基の石燈籠と釣燈籠すべてに浄火がともされ、幻想的な雰囲気の中、参拝していただけます。

周辺では、奈良の夏を彩る「なら燈花会」が春日大社参道と飛火野で午後5時半から午後9時まで、この3日間特別に開催されます。

同じく飛火野において、石川県珠洲市飯田春日神社の「飯田の燈籠山曳き」で市内を引きまわされる高さ16メートルにもなる燈籠山がやってきます。燈籠山の人形は2年ごとに新調され、今回は春日大社のご祭神、武甕槌命です。まさに夜の春日野に降り立つシーンが目の前に現れるのでしょうか。

さらに奈良県庁前の登大路園地では正遷宮をお祝いして奈良のご当地グルメや式年造替記念物品の販売を行う奉祝マルシェが開催されます。

他にも各アーティストの方々の芸能奉納や奈良県のみならず各地の伝統芸能の奉納も催され、またとない機会が目白押しです。

是非とも春日大社にお参りいただき、貴重な体験をお持ち帰りください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA11月9日の飛火野の様子。まだクレーン車がいるだけで何もできあがっていませんでした。たぶんここに16mの燈籠山が建つのだと思われます。いったいどんな景色になるのでしょう。

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top