新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。東大寺二月堂修二会 「お水取り」

 

026

こんにちは。ホテルサンルート奈良フロント、奈良まほろばソムリエの小出です。

3月1日に始まった東大寺二月堂修二会も終わり「お水取りが終わると奈良に春が来る」と言われるとおり、奈良に春の気配を感じるようになってきました。

12日の深夜にはこの法会全体の別名となった「お水取り」の行法がおこなわれ、その様子を見ようと多くの参拝者が二月堂下の閼伽井屋の周りに集まりました。

私は1時間ほど前に着いたのですが、既に二重三重に人垣ができており、修二会の中心となる行法だけあって、人々の関心の高さを感じました。

「お水取り」は二月堂下の閼伽井屋からご本尊の十一面観音にお供えする香水をくみ上げる行事で、12日「後夜」の途中におこなわれ、時刻としては13日の午前1:30~2:00頃に始まります。呪師ほか北二以下五人の練行衆は二月堂南出仕口を出て呪師松明を先頭に奏楽の中、南階段を下ります。他に呪師とともに香水をくむ堂童子、香水の入った閼伽桶を運ぶ庄駈士が二人、幣を持つ講の方などを伴います。練行衆は一旦、二月堂下の興成社に立ち寄って祈りを捧げ、閼伽井屋へと向かいます。閼伽井屋に到着すると堂童子が鍵を開け、呪師、堂童子が中に入ります。そして庄駈士が桶を渡し、汲み上げられた香水の入った桶を二つ担いで二月堂へ上がります。これを三回繰り返します。他の練行衆は閼伽井屋の周りに待機していて、汲み上げられるたびに合図の法螺貝を吹きます。

最後の桶が運ばれると練行衆はまた呪師松明に導かれて二月堂へと戻っていき、後夜の勤行が再開されます。

 

 

 

 

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top