新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。「砂かけ祭り」

020
こんにちは。ホテルサンルート奈良フロント、奈良まほろばソムリエの小出です。
2月11日は奈良県内各所で様々な行事が行われましたが、その中の一つ、廣瀬神社の砂かけ祭りに行ってきました。
砂かけ祭りは廣瀬神社の御田植え祭で、午前11時からの「殿上の儀」と午後2時からの「庭上の儀」の二部構成になっており、砂のかけあいは「庭上の儀」でおこなわれます。
太鼓の合図で田人、または田人と牛が出てきて4本の青竹に注連縄を張った場所を田んぼに見立て、田作りの所作をおこないます。田んぼを一周し終えると、参拝者に向かって勢いよく砂をかけ始めます。参拝者も負けじとかけ返し、砂のかけあいが激しくなるほどその年は雨に恵まれ、豊作になるといわれています。またこの砂にかかると無病息災に暮らせるとも言われているそうです。

田人も牛役も所せましと動き回るため、大人も子供も入り乱れて境内はどこもかしこも激しく砂が舞います。皆さん、大袈裟ではありませんよ!本当に安全な場所はありませんよ!

砂かけの時間は1回5分ほど。これを8回繰り返します。その後早乙女が登場して田植えをおこない、庭上の儀は終了。さらに境内に櫓が組まれ、松苗と田餅がまかれてお開きとなります。

誰でも参加できて、大人も子供も一緒になって思いっきり砂をかけあい、豊作を祈る廣瀬神社の砂かけ祭り。とってもエキサイティングで楽しい行事でした。皆さん、くれぐれも砂対策は万全にして撮影、ご参加くださいね。

019
2回目くらいの時。まだ田人の装束もきれいです。回が進むと牛が加わったりして4~5人くらいの時があった気がするのですが、シッチャカメッチャカでよく分かりませんでした。

036
うわあっ!近い!と思った次の瞬間。

039
直撃くらいました~っ!!

058
牛さん。砂まくときは頭はずします。

061
あ~っ、逃げてー!うしろ、うしろー!!

IMG_1920
境内を飛び交う砂、砂、砂!四方八方から、まさに雨のように降り注いできます。

IMG_1938
果敢に攻める子供たち。いい加減大人に疲れが見え始めたところですが、やはり子供は元気です。

096
砂かけが終わって、早乙女が田植えをしているところです。松苗を並び終えると、合図と同時に参拝者が取りあいます。

IMG_1943
参拝者にまかれる松苗。これを持ち帰って玄関先などに飾っておくと厄除けになるそうです。またこの後にまかれた田餅は、食べると無病息災に暮らせるとのこと。

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top