新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 瑜伽神社

 

こんにちは。ホテルサンルート奈良、フロント。奈良まほろばソムリエの小出です。

日に日に奈良の各所の紅葉は見頃を迎えるようになり、そろそろ見納めの場所もでてきました。今回はあまり紹介されることのない穴場の紅葉スポット、瑜伽神社をご紹介します。

 

かつては元興寺の鬼門を守る鎮守社で、平城遷都とともに飛鳥からこの地に移ってきたそうです。当時このあたりの土地柄が飛鳥に似ていたことから「平城(なら)の飛鳥」と呼ばれていたのだとか。

本殿の右側に大伴坂上郎女が「ふるさとの あすかはあれと あをによし ならのあすかを みらくしよしも」と詠んだ歌碑があります。意味は「故郷の飛鳥にある元興寺を見るのも良いけれど、奈良の新しい元興寺もまた良いわねえ。」だそうです。

また、階段中ほどの踊り場の脇には1832年に赴任した奈良奉行、藤原良材の瑜伽山櫻楓歌碑があります。「春は又 花にとひこん 瑜伽の山 けふのもみちの かへさ惜しみて」と詠んで見事な紅葉を目にして、名残りを惜しみつつ、春に花見をしたいという心境を表現しています。古くはこの一帯が紅葉や桜の名所であったことがうかがえますね。

瑜伽神社はホテルサンルート奈良から約10分。ここから浮見堂まで5分、雪消しの澤、一の鳥居、五十二段と、写真を撮りながらゆっくりまわってホテルまで45分くらいのコースになります。ちょっとした散策にもオススメですよ。

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top