新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 若草山焼き

 082

こんにちは。フロント、奈良まほろばソムリエの小出です。

今回は1月24日に行われた若草山焼きをご紹介します。今年は若草山麓で見物しました。

若草山焼きは毎年1月第4土曜日に行われる奈良の冬を彩る代表的な伝統行事です。約33ヘクタールの草地に火を放ち、山全体を焼いてしまうというもので、当日の山麓では鹿せんべい飛ばし大会や、ライブ、ヒーローショウなどが行われます。また点火直前に打ち上げられる約200発の花火は県下で唯一尺玉が上がるなどということもあり、毎年県内外から大勢の見物客が訪れます。ニュースや新聞、ポスターなんかでごらんになった方も多いのではないでしょうか。

起源は東大寺と春日社興福寺との境界線争いという説や近隣の農民による野焼きの名残り、また、1月頃までに山焼きをしないと妖怪が出て悪さをする為など諸説ありますが、それぞれが絡み合ったもののように思われます。三社寺(東大寺、興福寺、春日大社)の説では山頂の鶯塚古墳の霊魂を鎮める杣人の祭礼とのことです。

029

麓の野上神社。この日に奈良公園の飛び火野という場所で行われた、春日大社の大トンドの火をこちらの松明に点火して安全祈願の祭典が行われます。

034

この日は天候に恵まれ、絶好の山焼き日和となりました。

038

約300名の奈良市消防団の出発式。これだけの人数が一堂に会すると壮観です。普段火を消すお仕事の消防団の皆さんが今日は火を点けるお仕事です。

040

いつ来てもここ、若草山麓から見る夕日は格別です。

046

野上神社での祭典が始まりました。山焼き行事の無事を祈ります。先ほども少し触れましたが、この火は春日大社の大トンドよりもたらされたものです。祭典の後、特別に設置された大かがり火に点火され、若草山焼きに使用されます。

081

18:15頃から花火があがり、18:30、いよいよ点火となりました。点火直後からすごい勢いで火が広がっていきました。山全体に火が回って行く様子は少し離れた場所からの方がよく見えるのですが、すぐ目の前に打ち上げられる花火や炎の迫力は山麓ならではのものでした。

観賞スポットとしては奈良県新公会堂前や飛火野、少し足を伸ばして平城宮跡や西の京の大池などがオススメですよ。

 

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top