新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 吉祥草寺 茅原の大とんど(国選択・県指定無形民俗文化財)

 

 

037

 

こんにちは。奈良まほろばソムリエ、フロントの小出です。今回は毎年1月14日に御所の吉祥草寺で行なわれている茅原の大とんどをご紹介します。

 

吉祥草寺は舒明天皇の創建で修験道の開祖、役行者の開基と伝わるお寺です。この茅原の辺りは役行者の生誕地とされ、吉祥草寺には役行者にまつわる遺構や文化財が数多く残されています。

 

この茅原の大とんどは修正会の結願行事として行われているもので、大和に伝わるとんどとしては最も規模の大きいものといえます。無実の罪で伊豆にながされていた役行者が無事にこの地に帰って来たのを村人が喜び、大松明を炊いて祝ったという説や、文武天皇が神託により吉祥草寺で祈祷したところ、凶作や疫病が治まり、この感謝として大法要を行った事が始まりであるなど、由来は諸説あるものの、1300年もの歴史を持つ伝統行事です。

 

013

手前が雌松明、奥が雄松明で、それぞれ高さ約6メートル、直径約3メートル、重さ約700キロあります。

少し見えづらいですが、雄松明には上に穂のようなものが突き出ています。 雌松明は14日の前の日曜日に茅原地区の方々によって、雄松明は当日の朝から玉手地区の方々によって作られます。

021

点火直前の境内。だんだんと人が増えてきました。それにしてもこの巨大な松明のすぐ近くまで人が。柵があるとはいえ、大丈夫なんでしょうか。

030

いよいよ点火です。当日の行事の流れは、午後3時より修正会の結願法要、午後8時頃に茅原、玉手両地区の代表の方が提灯を先頭に入場し、手打ち式の後、寺より護符が渡されます。僧侶と行者が般若心経5巻を唱え、玉手の行司という役の方がその年の恵方より、雄松明から点火します。

034

とにかく火の回りが速く、雌松明に点火する頃には雄松明の上半分はすっかり炎に包まれていました。

054

全体に火が回って松明が崩れてきました。20メートルくらい離れた場所にいたのですが、それでも顔が熱くなるほどの火勢でした。近くの方、大丈夫ですかー!?

060

行者の方も思わず仰け反る熱さ!

084

焼け崩れて、溶けたアイスクリームみたいになりました。しばらくして柵が取り払われ、松明の間を歩かせていただけました。皆さん、熱い熱いと言いながら通っておられました。もちろん、私も通りましたよ。炎の熱さと迫力、参拝者の熱気にあてられて、上気した気分で帰りました。

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top