新着情報

采女祭り 采女神社(9月8日)

⑥采女祭り-2

猿沢池月は南都八景のひとつに数えられており、中秋の名月の夜、采女祭りは行われます。

「大和物語」に、天皇の寵愛が薄れたことを嘆き、猿沢池に入水した采女の話が載っています。

その霊を慰める行事ですが、現在は奈良市観光協会の行事として、名月を愛でる雅な行事になりました。

JR奈良駅から采女を祀る采女神社へ、秋の七草で飾られた花扇の奉納行列が向かいます。

采女神社では春日大社の神官によって神事が行われます。なお、采女神社の社殿は鳥居に対して後ろ向きに建っていますが、

これは采女が自らが身を投げた池を見るのは忍びないと、一夜のうちに社殿が後ろを向いたといわれています。

神事のあと、一行は猿沢池に浮かぶ二隻の船乗り込んで、雅楽を奏でながら池を巡り、花扇を池に沈めます。

■日時:9月7日(日) 17時~18時/宵宮祭

     9月8日(月)17時~20時/本祭

             17時~ 花扇奉納行列(JR奈良駅前~三条通り~采女神社)

             18時~ 花扇奉納神事(采女神社)

             19時~ 管絃船の儀(猿沢池畔)

■アクセス:近鉄奈良駅から徒歩約5分

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.narashikanko.or.jp/uneme/

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top