新着情報

春日大社、興福寺 薪御能(5月16日、17日)


薪御能

 

                                   (写真提供:奈良市観光協会)

 

近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに習ったものです。

 

869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代には、最も盛況を極めたといわれています。

16日は春日大社で舞殿で「兜師(しゅし)走りの儀」(11:00~)、17日は春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」(11:00~)がそれぞれ奉納された後、17:30から興福寺南大門跡「般若之芝」で「南大門の儀」が執り行われます。

観世(かんぜ)・金春(こんぱる)・宝生(ほうしょう)・金剛(こんごう)の能楽四座による能と大蔵流による狂言が演じられます。

18:30過ぎ、興福寺宗徒(僧兵)の手によって箐火に火が入れられ、観る人を幽玄の世界へと誘います。

 

 

■日時:5月16日(金)、17日(土)

 

■時間、場所:

◎春日大社 16日は、舞殿 11:00~ 「兜師走りの儀」

        17日は、若宮・拝の舎 11:00~ 「御社上がり(みやしろあがり)の儀」

◎興福寺 両日、南大門跡 般若之芝 17:30~ 「南大門の儀」

※雨天の場合は、興福寺会場のみ「なら100年会館」にて開催予定。

※都合により開演時間が遅れることがあります。

 

■協賛席(観覧席):

当日受付 1名4,500円(解説書付)

事前受付 1名4,000円(解説書付)

※協賛席は、全席自由席です。(団体を除く)

※詳細は下記までお問い合わせください↓

 

■問い合わせ先:

薪御能保存会(奈良市観光協会内)

TEL:0742-22-3900

URL:http://www.narashikanko.or.jp/index.php

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top