新着情報

久米寺 練供養会式(5月3日)

久米寺 練供養

 

久米寺は大和三山の一つ畝傍山の南側に位置し、聖徳太子の弟、久米皇子の創建とも、空を飛んでいて女性のふくらはぎに見とれて落っこちた久米仙人の創建とも伝えられ、他にも多くの由来、縁起を持つお寺です。

つつじやあじさいのお寺としても有名で、西国薬師第七番札所となっています。

13:00から法要が営まれ、15:00からお練りとなります。

久米皇子が七歳で目の病気を患ったとき、聖徳太子のすすめで三日三晩の願掛けを七回、あわせて二十一日間行ったところ、二十五菩薩に守られながら降りてきた薬師如来が見えて病気が治ったと伝えられています。

このことから始まった練供養は、田植えなど忙しくなる農繁期を迎える春の行事で、「久米レンゾ」とも呼ばれる会式です。

本堂と道場と呼ばれる建物の間に橋が架けられ、そこを二十五菩薩が練り歩きます。

 

この時期、境内のツツジがほぼ見頃で、行事に花を添えます。

 

■日時:5月3日(土)

■時間:

13:00/法要

15:00/お練り

■アクセス:近鉄橿原神宮前駅から徒歩約5分

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top