新着情報

新薬師寺 修二会(おたいまつ) (4月8日)

新薬師寺-おたいまつ

 

新薬師寺は747年に聖武天皇の眼病が治るようにと、光明皇后が薬師如来を祀るため行基に依頼し、建立されました。 

新薬師寺の修二会は桜が咲く時期に行われます。昔は数日にわたって行われていまいしたが、現在は四月八日の一日だけの行事になっています。

日没のころ、東大寺から寄進された長さ七メートルの「おたいまつ」に先導されて、導師ら十一人の僧侶が一人ずつ本堂を回って北側の出仕口から入堂します。

東大寺二月堂の修二会はおたいまつとの距離が離れているのに対し、新薬師寺の修二会はおたいまつとの距離が約1mと近いため凄く迫力があります。

中でもひときわ大きい籠松明をくるくるっと力強く回す度に舞い降ちる火の粉は圧巻です。

松明の火は道明りを意味するもので、本尊薬師如来に日頃犯している罪を懺悔し、厄除けを祈願する薬師悔過の行法として千年の歴史があります。

 

■日時:4月8日(火)

■時間:

修二会/17:00~

おたいまつ/19:00~

■アクセス:近鉄・JR奈良駅から市内循環バス「破石町」下車徒歩約10分

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/gyouzi.html

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top