新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 久米仙人まつり。

030

10月20日、久米寺にて、久米仙人まつりが行われました。

そのなかで久米仙人踊りなるものが踊られます。一見なんの変哲もない盆踊りなのですが、実は・・・。

なんと、久米仙人に扮した人が、踊っている女性の裾を持っている杖でめくるという、ちょっと色っぽい

盆踊りだったのです。

さすが、空をとんでいる時に娘のふくらはぎに見とれて神通力を失って落下し

なんと、その娘と結婚するという離れ業をやってのけた久米仙人にちなむ祭りですね。

001

 当日は雨のため、本堂の回廊で行われました。しれっと輪に入っておどる久米仙人。

002

 彼らが(女性ですが)久米仙人です。このあと、とんでもないことを・・・。

005007

やおら杖を取り出して怪しげな動きをみせる久米仙人。             そして、次の瞬間!

 

 

008011

あーっ!次々と毒牙にかけていく久米仙人!なんてことをー!

 

019

雨の中佇む久米仙人の像。自分にちなんだ祭りがこのような形でおこなわれていることをどんな気持ちで見つめているのでしょうか?

何だか嬉しそうというか、ニヤニヤしてるように見えてしまいますが。まあ、めくる側もめくられる側も楽しそうで、何よりでした。

さて、エロくて落ちたとばかり言われる久米仙人。さすがにかわいそうなので、ちょっとフォローを入れておきましょう。

神通力は失ったものの、幸せに暮らしていた久米仙人、ある時都の造営のためにかりだされます。つらい重労働に明け暮れる毎日。あるとき仲間達がこんなことを言っているのを耳にします。「あいつがまだ仙人だったらなあ。神通力で資材なんかあっという間に運んでくれたろうに・・・。」

肩身の狭くなった久米仙人は一念発起、みんなのために神通力を取り戻すべく修行します。七日間の修行の末見事神通力を再び得て、資材をすべて運びます。

喜んだ天皇は褒美に土地を与え、そこに建てられたのが久米寺ということです。

ちょっとだらしなくて、でもうまいことやったってだけじゃないんですよ。ちゃんとみんなのために頑張って活躍してるんですねえ。

すごいぜ、久米仙人!

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top