新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 十津川の大踊り 西川編

265

こんにちは。フロント、奈良ソムリエの小出です。

随分間が空いてしまいましたが、今回は8月15日におこなわれた西川の大踊りをご紹介します。武蔵は本踊りと呼ばれる1曲だけでしたが、こちらは「ヨリコ」「イリハ」「カケイリ」の三曲の大踊りが伝わっており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 

会場となるのは西川第一小学校。十津川温泉から国道425号線を龍神方面へ車で約10分程の重里という集落にあります。 資料などによると「西川の特徴は櫓を組まず…」と書いてあるものが多いのですが、校庭の端に櫓があり、そこで歌い手さんが歌っていました。いつのころからか変更されたのでしょうか。

147

「ヨリコ」の前に踊られる餅つき踊り。真ん中に臼を置いて、その周りを踊りながら餅つきの所作をします。後ろで持ってる紅白の棒は杵?

152

乙女達の手にはビニール袋。今から餅まきです。さっきの餅つき踊りでついた餅…ではありません。

182

ヨリコ。祭りの場に人を呼び寄せる為の踊りといわれ、白い房のついたバチで太鼓をたたいて踊ります。後では両手に扇を持った女性達が踊り、3~4列の状態で隊列を組んだまま全体で旋回します。

225

イリハ。胸に太鼓をぶら下げて紅白の長い房のついたバチを振りながら踊る優雅な踊りです。

261

カケイリ。校庭の端に太鼓、踊り、これに燈籠持ちが加わって並び、ゆっくりと中央に進んできます。

264

カケイリ。後ろの女性たち。少し見えにくいですが、さらに後ろに燈籠が。

271

カケイリ。中央までくると一度全体で旋回してセメに入り、その後隊列を解いて輪になります。これを「ダイモチを引く」と言います。

283

カケイリが終わればいったんお開きとなりますが、その後もしばらく踊りは続くそうです。

 

武蔵の時もそうだったのですが、参加されている若い方の多くは十津川の方ではなく、近隣の大学生で授業や研究の一環で来ているのだそうです。地元だけでやっていけないのは寂しいですが、これも保存継承の道の一つとして、広がっていけばいいですね。

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top