新着情報

奈良まほろばソムリエが行く 菅原天満宮 鷽替え神事

001

毎年6月25日に菅原天満宮でおこなわれている鷽替え神事に行ってきました。

 

菅原道真が太宰府に流された翌年、延喜二年(902年)正月七日に悪魔払いの祈祷をしていたところ、蜂の大群がやってきて参拝の人々を襲い始めました。道真がさらに一心に祈祷すると今度は鷽の群れが来て蜂を食い尽くし、人々を救いました。このことから鷽(嘘)が真(まこと)になると信じられ、太宰府天満宮では千百年に渡って伝えられている行事なのだそうです。そしてここ菅原天満宮は菅原道真生誕の地であり、毎年6月25日に菅公生誕祭の後、おこなわれるようになったのです。

 

まず受付で鷽のお守りを購入し、太鼓の合図で「かえましょ」「かえましょ」と言いながら誰彼かまわずお守りを交換していきます。そして再び太鼓の合図で交換終了。手元に残ったお守りの箱に番号が貼ってあるので、それが抽選番号になります。宮司さんがくじを引いて呼ばれた番号で景品がいただけるようになっています。30人、20人と当たる人数が減っていき、景品が高価なものになっていきます。当たった人は最後の特賞と1等の「かえましょ」まではお休みです。全部で5~6回「かえましょ」します。

 

見知らぬ人と言葉を交わして何かをやりとりするなんて、仕事ではともかく普段の生活ではそうそうないですよね。交換するときに一人ずつ写真を撮らせていただいたのですが、皆さん本当にいいお顔をされていて、私も嬉しくなりました。回がすすむにつれて慣れてきて、隣の人と「どうでっか?」「あきまへんわ~」なんて会話があったりして和やかで心温まる行事でした。

014

 本物の鷽の写真。行事中ずっと境内にスピーカーから鷽の鳴き声が流されていました。

102

鷽のお守り。かわいいでしょ。なんと、奈良の伝統工芸、一刀彫だそうです。

063

 「かえましょ」しているところ。氏子の方の話によるとこの日はだいたい200人くらいが参加していたそうです。

026

抽選の様子。このオジサマがなかなかのパフォーマーでして、ざっくばらんなしゃべりで会場を沸かせてました。

 099

1等、特大の鷽の人形。さて、今年これを手にしたのは…。

104

こちらのご婦人でした。実はこの方、何年か前にお孫さんが交通事故に遭われたそうで、お医者さんも諦めざるを得ないくらいの状態だったそうです。ちょうどこの行事のことを知り、すがるような気持ちで参加され、その時見事1等の特大鷽人形を手にされました。急いで病院に持っていき、懸命に看病した結果、なんと、お孫さんは回復し、以来感謝の気持ちから毎年参加されているのだとか。

こんなことってあるんですねえ。いいお話が聞けました。

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top