新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 当麻寺練供養会式 5月14日

124

こんにちは。フロント、奈良ソムリエの小出です。

今回は5月14日に行なわれた、当麻寺練供養会式の様子をお伝えします。

 

先日、久米寺での練供養会式を紹介いたしました。他にも県内各地でお練りが行なわれますが、とりわけ歴史が古く規模の大きいものが当麻寺練供養会式です。

 

当麻曼荼羅を織り上げた中将姫が、二十五聖衆を伴った阿弥陀如来の来迎をもって生きたまま極楽へ往生したという伝承を再現したものだそうです。1005年に初めておこなわれて以来今年で1009回目。1000年を超える奈良の行事がここにもありました。

 

043

現世である娑婆堂へ向かう御輿。中将姫が乗っています。二十五聖衆の来迎を待ちます。

049

極楽堂・本堂へ向かう僧侶達。散崋の様子。

054

境内にあふれかえる人々。

 

060

稚児行列、雅楽隊、僧侶団と続いて、いよいよ二十五聖衆の来迎です。中将姫を迎えに行きます。

 074

そして真打ち登場。観音菩薩、勢至菩薩、普現菩薩です。スクイボトケと呼ばれる観音菩薩は蓮台を。オガミボトケと呼ばれる勢至菩薩は合唱して、身体をよじりながら沈み込み、伸び上がる動作を繰り返しながら進みます。100メートル以上もある長い来迎橋を往復する大変な重労働です。ちなみに普現菩薩は天蓋を持って厳かに後をついていきます。

119

 娑婆堂に入ってしばらく法要があり、その後一行が戻ってきます。蓮台の上に仏様が。中将姫を極楽へと誘います。よくよく見ると観音菩薩と勢至菩薩は左右逆の動きをしているのですね。

149

そして、他の菩薩達も続々と極楽へと帰っていきます。

159

五月なので日はまだ高いとはいえ、だんだんと西日が境内を照らしていく中でおこなわれる当麻寺の練供養会式。西方極楽浄土より現われた二十五菩薩が、中将姫とともに沈みゆく夕日に向かって帰っていく様子は本当に荘厳で幻想的でした。昔の人々はこれを見て極楽への思いをより深くしたことでしょう。

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top