新着情報

奈良まほろばソムリエが行く。 久米寺練供養会式(久米れんぞ)

001

こんにちは。フロント、奈良ソムリエの小出です。

 

5月3日におこなわれた久米寺練供養会式の様子をお伝えしたいと思います。

久米寺は大和三山の一つ畝傍山の南側に位置し、聖徳太子の弟、久米皇子の創建とも、空を飛んでいて女性のふくらはぎに見とれて落っこちた久米仙人の創建とも伝えられ、他にも多くの由来、縁起を持つお寺です。つつじやあじさいのお寺としても有名で、西国薬師第七番札所となっています。

021

 13:00から法要が営まれ、15:00からお練りとなります。

本堂と道場と呼ばれる建物の間に橋が架けられ、そこを二十五菩薩が練り歩きます。集まっている見物人のほとんどはご近所さんのようで、「今日は○○さん、ナントカ菩薩やゆうててわ」とか、「○○ちゃん、お稚児さん歩くんやって~」という会話が聞こえてきます。お寺行事としての厳粛さよりも地域のお祭りとしてのおおらかさが境内を包んでいました。

066

道場側からスタートして本堂に入り、法要ののち道場に戻るのですが、帰りは菩薩さん達もなんだかリラックスモード。付き添いの方とお話しながらとか、見物の方に手を振ったりしながら帰っていました。皆さんお疲れ様でした。

さて、お練りも終わりそろそろ帰ろうかと思っていると、見物人が減るどころかむしろ増えているような気が。そして皆さん手には袋を持参。もしかして、アレかな?と思っていると。

 072

 そう、餅まきでした。それにしても何度か餅まきに遭遇していますが、やっぱり怖い。いや、当たると真っ白になるし、結構痛いんですよ。昔はお餅の中に小銭やお札が入っていたりして、皆さんもっと必死のパッチだったそうです。

 

005

境内のツツジがほぼ満開で、行事に花を添えていました。つぼみのものもまだまだあって、もうしばらくは楽しませてくれそうです。境内の散策は自由ですよ。

 

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top