新着情報

當麻寺 練供養会式(5月14日)

5月-8御練り供養 

寛弘2年(1005)から始まる中将姫の現身往生を再現する行事で、恵心僧都(えしんそうず)源信によって始められたと伝えられています。

観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、極楽へ導くありさまを再現している儀式です。

1000年を越える伝統を持つこの行事は、もちろん我が国の「練供養(ねりくよう)」の発祥です。

毎年5月14日16時、一番鐘と共に練供養が始められます。菩薩面・装束を付けた聖衆が来迎橋を渡ります。(雨天の場合は、来迎橋ではなく、曼荼羅堂の周囲を行道します。)

それに先立ち、13時からは伝統の節回しによる拝礼式「當麻曼荼羅絵解き」と「写仏会」が、中之坊にて行われます。

【日時】5月14日(火)
【時間】13時~拝礼式「當麻曼荼羅絵解き」と「写仏会」、14時~声明・読経による法会とともに笙・尺八の奉納演奏、16時~練供養会式
【アクセス】近鉄奈良駅→大和西大寺駅→橿原神宮前駅→当麻寺駅
当館からの所要時間約1時間30分

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top