新着情報

大安寺 竹供養とがん封じ夏祭り

 

DSC_0001.JPG

大安寺は古くは飛鳥時代に聖徳太子が開いた学問所、熊凝精舎に始まり、高市大寺、大官大寺を経て平城京に移転後、大安寺となってからも南都寺院の中でも重要な役割を果たしました。大仏開眼の際に招かれたインド僧菩提センナ、唐僧ドウセン、ベトナム僧仏哲などが住し、生涯を過ごしました。また受戒のできる高僧を求め、その招聘の為に唐へ渡った普照はこの寺より旅立ちその大役を果しました。さらに若かりし日の空海がこの寺の勤操を師として修行に励むなど、その歴史、実績は日本の仏教史において燦然と輝くものと言えます。

そんな大安寺も今は古い住宅街の一角にひっそりとたたずむように建っています。こういった栄枯盛衰はどこのお寺も同じではありますが、それを一層感じずにはいられないお寺です。(あくまで個人的な感想ですが)

お寺の紹介はこのくらいにして、6/23は竹供養とがん封じ夏祭りが行われました。これは古来中国の故事、竹酔日にちなんだもので、この日に竹を植えるとよく育つのだとか。また竹の持つ薬効やその他諸々の資材としての有用性に感謝する行事でもあるようです。

当日は境内で笹娘さん達が笹酒をふるまってくれたり、お堂ではがん封じの法要が行われていました。竹供養は・・・。すいません、時間を読み違えて既に終わっていました。アイター!(-_-;) その様子は大安寺さんのHPでどうぞ。http://www.daianji.or.jp/05/0507.html

ちなみに光仁天皇のご長寿にちなむ笹酒祭りは1/23の光仁会だそうです。私、恥ずかしながらすっかり混同しておりました。アイタタ(-_-;)

 

DSC_0010.JPG 

今年の笹娘さん達。

DSC_0009.JPG

今日の主役は彼女↑周りでは「きゃー、かわいいー!」「お嬢ちゃん、こっち向いて~」「私も注ぎたい」などちょっとアイドル状態。あ、ちなみにこれ、お水ですから。

DSC_0008.JPG

私もいただきました。・・・お水です。ほんのりと竹の香りがして爽やかなお味。

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top