新着情報

飛鳥坐神社おんだ祭

2月1週の日曜日、行ってきました飛鳥坐神社。このキーワードで「ニヤリ」としてしまったアナタ!そんなアナタに贈る言葉は「あんたも好きねぇ~♥」です。そう、「おんだ祭」です。日本三大奇祭とか天下のエロ行事とか言われ、五穀豊穣と子孫繁栄を祈る。今回はアレに突撃です。(この神社、祭りの特性上、回りくどい表現や、時には伏せ字なんかも使用する場合がありますが、ご了承ください)

 

飛鳥に到着したのは11:30ごろ。適当な駐車場に車を停め外へ出ると、どこからか雅楽の音色が。いかにも村のお祭りといった風情でいい感じ。音に導かれるように今回の目的地、飛鳥坐神社へ。

鳥居の前では天狗が近所の子供を追いかけまわしたり、参拝者のお尻を先の割れた竹の棒でバシバシ叩いておりました。これ、叩いてもらうと厄除けになるんだとか。でも中にはフルスイングされる人も。アイタ~!

 

飛鳥坐神社おんだ祭 013.jpgお祭りは14:00から。まだ時間があるので境内を下見。それにしてもこの神社、あちこちにソレっぽく見える石が祀られています。こういう神社だからあのお祭りになったのか?あのお祭りがあるからコレが祀られるようになったのか?どうなんでしょうねえ?

 

飛鳥坐神社おんだ祭 004.jpg

飛鳥坐神社おんだ祭 007.jpg

↑奥の大石。この神社で一番の大物。         ↑夫婦石(仮名)地元の方?はもっとモロな呼び

                                方をされてました。ここではとても書けません。

                                                                       

神社の外の出店で昼食を済ませ、再び境内へ。まだ1時間半も前だというのに結構な人だかり。事前の問い合わせによると、例年3000人くらいの参拝者があるのだとか。

こちらは直前の境内の様子↓

 

飛鳥坐神社おんだ祭 011.jpg爪先が痛くなるような寒さに耐え、やっと14:00。太鼓が打ち鳴らされ、いよいよ宮司さん、神主さん、翁、天狗、牛、その他関係者の順に登場。お多福は第2部からの登場だそうです。このお祭り、天狗とお多福のチョメチョメばかりが有名ですが、漢字で書くと「御田植祭」ちゃんと五穀の奉納や、御田植神事もあるんですね。これもまた、なかなかに面白いんですよ。

      たまに、牛が暴れたりとか↓

 

飛鳥坐神社おんだ祭 029.jpg巫女さんの舞の奉納を挟んで、さあ、いよいよ本日のメインイベント、天狗とお多福の結婚式と初夜のシーンへ。

 

飛鳥坐神社おんだ祭 039.jpg

飛鳥坐神社おんだ祭 059.jpg

 

飛鳥坐神社おんだ祭 064.jpg
飛鳥坐神社おんだ祭 065.jpg   

 

  

もっといっぱい画像を載せたいのですが、キリがないのでこんな感じで。ところで下の2枚、交合の後股を紙で拭いているのですが、この紙を持って帰って使用すると子宝に恵まれるのだとか!「ええ~!」とか言わない!真剣な人もいましたよ。「まだ恵まれてないので下さい!」と若い男性が見事ゲットすると、場内から拍手が。男性、「がんばります!」ですって。なんか感動しました。

 

飛鳥坐神社おんだ祭 074.jpg最後は宮司さんのお話。この後お餅まきがありますけど、一人4つ5つ拾うことがあっても、みんなで分けて仲良く帰ってね。という言葉にほっこりしました。

 

真面目というか、厳粛なシーンももちろんありますが、全体的にユーモラスでほほえましく、みんなニコニコ又はニヤニヤ見てしまうお祭りで大好きになりました。

 

こんなシーンもありました。 

天狗がお多福のお尻を叩き。                今度はお多福が天狗を。仕返しか?

飛鳥坐神社おんだ祭 053.jpg
飛鳥坐神社おんだ祭 070.jpg

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top