新着情報

東大寺二月堂修二会(お水取り)

古都奈良に春を呼ぶ東大寺の「お水取り」が3月1日から始まります。

752年に実忠和上によって始められたと云われる東大寺二月堂の修二会はそれ以降一度も欠かすことなく行われていることから「不退の行法」と呼ばれ今年は1258回目となります。

3月12日の深夜に、呼び名の由来となった境内の「若狭井」から「お香水」を汲み上げる「お水取り」が行われる為にこの日に全国ニュースとしてよく流されていますが二月堂で行われる修二会の法要は3月1日から14日までの2週間毎日行われています。

写真やテレビに写る「松明」の火は修二会に参加されている練行衆が二月堂に入る際に足元を照らすために用意されるもので実は期間中毎日見る事が出来ます。

ちなみに「松明上堂」の時間は

 

①3月1日~11日と13日 午後7時~(約20分) 1本づつ合計10本

②3月12日          午後7時30分~(約45分) 1本づつ合計11本

③3月14日          午後6時30分~(約5分間) 一斉に10本

 

有名な12日、一斉にあがる14日には大変混雑し二月堂への通路も制限されますのでせっかく並んで待っていてもお松明が見れない事もあるようです。

 

当館から二月堂まではゆっくり歩いて約30分。①の期間でしたら6時頃にご出発戴ければ「お松明」をゆっくりとお楽しみいただけます。

 

当館でも日によりましてはまだお部屋に余裕のある日もございます。ゆっくりとお楽しみいただける日をお選びいただき伝統の「お松明」をお楽しみください。

 

お部屋のご予約は「お得な宿泊プラン」をクリック戴きお好きなプランからお申込みください。

翌朝「お水取り」の舞台となる場所をガイドさんの説明付きでゆっくりとご案内させていただく「ガイドツアー付き宿泊プラン」もございます。

 

 

 

 

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top