新着情報

長谷寺 だだおし法要

2月14日、長谷寺へ行ってきました。この日は「だだおし」という法要が行われる日で以前から是非一度見てみたいと思っていたのですが、今回ようやくチャンスが巡ってきました。 WEB上の案内では法要が3時からとなっていたので場所取りなども考えて少し早めに出発。奈良から車で約1時間。電車で約1時間半といったところでしょうか。現地に到着したのが2時頃。人影はまばら。...早すぎたか?

 

だだおし画像 001.jpg 仁王門 脇の看板に「だだおし」の文字が!テンションUP↑

くぐるとすぐに長谷寺名物の登廊。ここからは息子(1才6ヵ月13㌔)とベビーカーを担いで登ることに。体力DOWN↓

 

だだおし画像 003.jpg 途中何度か一息入れたりしながら境内へ。既に護摩木法要の最中で、結界の中では燃え盛る炎と立ち込める煙のすぐそばでお経やら真言を唱えておられました。参拝者もすぐ近くで見ることができ、法螺貝や太鼓の音と相まってなかなかの迫力でした

 

だだおし画像 004.jpg
だだおし画像 006.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここからしばらくは待機時間。お目当ての鬼が登場するのは5時ごろなんだとか。う~む、あと2時間程。...退屈や。息子もつかなあ(-_-;)

 

それにしてもこのお寺、しょっちゅうお坊さんがウロウロされています。こんな大がかりな行事の日に暇なわけもないのでしょうが、愛想良く参拝者の相手をされてました。しかもイケメン多し!長谷寺、好感度UP↑

 

だだおし画像 011.jpgそうこうしていると、境内に鐘の音が響きわたり、登廊からお坊さんの行列が。周りの方の話によると、これから始まる「十一面観音悔過法要」と「鬼面加持」の導師様御一行なんだとか。いよいよクライマックスが近づいているんですねえ。

←鐘楼を下から覗いて 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、見物人も増えてきたことだし、そろそろ場所取りだ! 陣取った場所は本堂脇の階段。お寺の方や、リピーターらしきカメラおじさん達の話を聞いていると、どうやらこの辺りがおいしいポイントらしい。

 

いきなり「ウォー!」という叫び声が!本堂裏に松明の灯りが見えると同時に何か飛び出してきた!緑鬼や! 反対回りで青鬼も来た! そして二匹がすれ違う時に、松明をぶつけ合う!炎と火の粉がすごい!燃える!国宝の本堂が燃えちゃうよ~!

 

だだおし画像 035.jpg
だだおし画像 036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だだおし画像 030.jpg
だだおし画像 037.jpg

                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを3周繰り返し、いよいよ真打、赤鬼登場か!と待ち構えていたら「松明が通りますのでよけて下さい!」という声が。見ると目の前に先程の松明が!皆蜘蛛の子を散らすように逃げ、見送ったのでした

 

だだおし画像 041.jpg

 お待ちかね、赤鬼登場!顔デカ!青、緑の何倍あんねん!でも、顔のつくりは赤鬼の方が愛嬌あります。それにしても、鬼は皆お酒を飲んでいるらしく、千鳥足で練り歩きます。なぜ酒を飲むのかは不明。赤鬼はピンで3周します。格の違いってやつなんですかね?

 これにて修ニ会結願。長谷寺の皆さん、本当にお疲れ様でした。

                                       

早く来すぎたせいもあって、待っている時間が長く、どうやら時間も予定より随分押したようで、「もう来ないぞ!」と思っていたのですが、帰りは「また見たいなあ」なんて言いながら帰りました。次は息子が鬼を見て泣いてくれるくらいの頃に来ようかな。

 

 帰りの登廊。夜はこんな感じ。
だだおし画像 023.jpg

観光情報

奈良まほろばソムリエが創る 今月の最新イベントカレンダー

  • 奈良県観光公式サイト なら旅ネット
  • 巡る奈良
  • 歩く・なら
  • 奈良に住んでみました
  • 奈良グルメ図鑑
  • 奈良市観光協会公式ホームページ 深!発見なら
  • 奈良公園情報サイト
  • Visit Nara
  • Voicecream

page top